横浜店にご来店いただきました。


歯科用金属の買取です、多くの場合見た目が銀色をしているものは金などの含有量がほぼなく買取不可ということが多いのですがまれにこういった色見でも金が含まれているものもあります。
お客様から提示された時銀色だからダメかも・・・と思っていたのですが、比重計で2回量ったところ
2回ともk14相当の数値を示しました、一応本体も削り硝酸反応を確認して問題ありませんでした。
しかし、k14”相当”でありk14ではありません、歯科用金属は様々な金属を混ぜて作られています、
その点ご説明し通常の貴金属買取計算とは違う計算方法で買取させていただくというご了解を得たうえで買取させていただきます。

最近は技術の発達により昔は金歯などで対応していたものも違うもので対応していることもあるようで
※専門外なので詳細は分かりませんが・・・・
ご自身が使っていた金歯をお持ちになられる方が増えた気がします。
河原宝飾では買取できるかどうかちゃんと調べて判断いたしますので、これは?
と気になるものがあったらどんどんお持ちください、思いもよらぬ結果が出ることもしばしばありますよ!

買取計算です。
-歯科用金属4.1g(重量)X 425(金歯本日相場*)=1,746円
※ 0.3(含有量) X 4,732(純金インゴット相場) X 0.3(買取率)