金の素材X線写真プラチナX線写真

墨田区から門前仲町店にご来店です。
ご家族が遺した金属を
「何かわからないけど、見てもらえますか」
とお持ちに。

金の板と、金の棒(複数)
銀色の丸い塊と、銀色の棒でした。

まずは、試金石と硝酸でチェックしたところ、
条痕が消えなかったので、
金とプラチナらしい、ということはわかりました。

比重計でも金・プラチナの可能性が濃厚だったので、
そのままお預かりにして、X線ではかることになりました。

結果、金の塊はk24相当の金の品位がある、
銀の塊は、部位によって違いましたが
Pt900~Pt1000の品位があるという結果になりました。

買取計算です

k24・・・154g(重量) X3,912(預かり日のK24スクラップ価格相場*)=602,448
※1(含有量) X 4,891(純金インゴット本日相場) X 0.8(買取率)
PT1000・・・386g(重量)×2,449(預かり日のpt1000スクラップ相場*)=945,314
※1(含有量)×3,062(純プラチナインゴット本日相場)×0.8(買取率)
PT900・・・79g(重量)×2,204(預かり日のpt900スクラップ相場*)=174,116
※0.9(含有量)×3,062(純プラチナインゴット本日相場)×0.8(買取率)

合計 1,721,878円

思わぬ高額買取に驚くとともに、とても喜んで頂きました。

素材が何かわからないものでも、X線検査も出来ますので、河原宝飾までお持ちください^^

※X線で内部を見る為に、少し削ったり、太い棒等の場合は、折ってから内部を測らせて頂きますのでご了承ください。
※X線検査の場合は、数日の預かり査定とさせていただきますので、ご了承ください。