三鷹店へのご来店で、大量のネックレスとバングルをお持ちいただきました。

どれも925の刻印があり、925シルバーで問題ないかなと
思っていたのですが、試金石でこすったとき、
シルバーよりやや黄色味ががっているのが気になり、
お客様の了解を得て、直接硝酸をかけさせていただきました。
すると・・・

ご覧の通り、硝酸をかけた部分が緑色に変色してしまいました。
これは緑青と呼ばれ、銅に出る反応です。十円玉なんかに良く出ますね。
調べてみると全て銅か真鍮にメッキがかけられたものでした。
925の刻印を考えると、意図的に作った偽物と思われます。
お客様はこちらをメキシコで買われたそうです。
メキシコは銀で有名な国ですが、このようなものも出てきます。お気をつけください。
皆様におかれましても、海外で貴金属製品を買う場合は、信頼できるところで
よく吟味してお買い上げいただくよう、お願いいたします。