武蔵野市から三鷹店へのご来店です。
純金(K24)のバングルを買取ました。

ご覧の通り、ぐにゃぐにゃになっています。
お客様は何度も形を戻してお使いになっていたそうですが、ついには割れてしまい、
もう使いたくないとのことで、今回お売りすることにしたそうです。


こちら見にくいですが、刻印には「金純」とあります。
昔の物なので右から読んで純金ですね。つまりこちらは100%金で出来たバングルになります。

金をはじめほとんどの金属に言えることですが、
純度が高くなるほど柔らかく、割れにくくなります。
なのでこのバングルはぐにゃぐにゃになっているというわけですね。

ではなぜ割れにくいはずの純金が割れてしまったかというと、こちらは何回も形を戻して使っているうちに、
金属疲労を起こしてしまい、結果刻印のある一番薄いところが割れてしまったという訳です。

針金などで想像すると分かりやすいと思います。よく曲がる針金も、同じ場所でぐにゃぐにゃやっていると、
最終的には割れてしまう・・・あれと同じことですね。

念のため試金石や比重計でお調べいたしましたが、問題ございませんでした。
このような壊れかけの古いものでも、意外と価値が高いものもございます。
これはどうなんだろう?と少しでも思ったら、是非河原宝飾にご相談ください。

買取計算です
☆K24・・・14.9g(重量)×3,854(K18スクラップ本日相場*)=¥57,424
※1(含有量)×¥4,818(純金インゴット本日相場)×0.8(手数料)